社長プロフィール

banner 遠藤 智久 (えんどう ともひさ)

2010年、代表取締役に就任。1972年1月生まれ。東京都荒川区生まれの荒川育ち。
早稲田大学商学部卒業後、段ボールメーカーに営業マンとして勤める。
前社長就任時の1998年、跡取りとして日興エボナイト製造所に入社。創業者の祖父に期待と発破をかけられ、その思いを引き継いだ。
エボナイト製造業の生き残りをかけ、BtoCの商品開発、東京都からの経営革新計画承認、ビッグサイトでの展示会など、「古くて新しい町工場」にするためにチャレンジしてやまない。
また、荒川区の若手経営者らと共に“明日の飯の種を作る”ための勉強会「あすめし会」の、代表幹事としても活動している。

プライベート・趣味
家族を大切にする2児の父。
空手・サッカー・フットサル・野球など、時間を見つけては体を動かし、英気を養う。

略歴


1994年
早稲田大学 商学部卒業。段ボールメーカーに就職。
営業職として愛知県・小牧工場勤務となる。
1998年
跡取りとして日興エボナイト製造所に入社。
2007年
荒川区MACCプロジェクトに参加し、新商品開発に目覚める。
2008年
会社のスローガンを「エボナイト元年」とし、エボナイトという素材の周知活動を本格化する。 
荒川区の経営塾に参加し、経営革新計画を東京都に申請、承認を受ける。
2009年
第3回TASKものづくり大賞共同開発部門奨励賞受賞。
ウェブショップ『下町のエボ屋さん=笑暮屋』を開設。
展示会『良いモノ一生モノ出会い展』を企画運営。
2010年
第4回TASKものづくり大賞共同開発部門奨励賞受賞。
代表取締役に就任する。
2011年
日本橋三越、伊勢丹新宿店での万年筆販売イベントで店頭に立つ。
国際プラスチックフェアに出展。
2012年
荒川区の若手経営者による事業継承研究会「あすめし会」の代表幹事として活動。


スタッフ紹介

社長を含め、総勢9人。個性豊かな社員たちが弊社を支えています。

会長写真

遠藤 昌吾

会長。社長の父で前社長。
若いころから製造の段取りと下準備で昼夜を過ごした働き者。詩吟とハーモニカの先生でもあり、絵画では受賞歴もある。
遠藤愛子

遠藤 愛子

会長の妻。経理。
長年の盛も衰も見てきた経験で、良きアドバイザーとして頼られる。どんな苦難をも乗り越えるスーパーウーマン。
banner

遠藤 佳子

社長の妻。受注・出荷。
「製造業もお客様との接点はサービス業」がモットー。地域やPTAの活動に積極的に参加し、地元との繋がりを深める。
banner

工場長

長年休まずに製造に携わる縁の下の力持ち。工場のことだけでなく、日曜大工や花のことまで聞けば何でも答えが返ってくる。頼もしい存在。
banner

中堅職人

新しい製品の試作にも携わり、意見交換しながら工夫を重ね、日々より良い製品作りに努めている。
工場長のスキルを引き継ぎつつある。
banner

若手職人

日報に気が付いたことや気を付けること、疑問点を記録し、社長や先輩にアドバイスをもらいながら、日々製造技術を高めている。

banner

女性職人

主に製造補助を担当し、製造準備・仕上げ・検品に携わる。出荷や事務作業もこなす。女性ならではの細やかな気配りが潤滑油。
banner

ペン職人

新入社員がペン職人目指して修行中。製品の成形、カラーマーブルエボナイトの素材製造など、笑暮屋の製品作りに欠かせないあらゆる技術に取り組む。

Copyright(c) 2015 Nikko Ebonite Mfg. Co., Ltd. All Rights Reserved.